さざんか教室 (サンプル)

@
作業内容
一行追加
@「ワイン通信」で改行して一行追加したいが書式を引きずっているため追加する文字が大きくなってしまう。
A 「ワイン通信」の後部でエンターキーを押して、改行しますカーソルが大きいままで、「Shift」「Ctrl」を同時に押しながら「N」のキーを押します。

前行の書式が解除され標準のカーソルに変わります。
B

作業内容
均等割り付けの書式を設定を行います。
まず、均等割り付けを設定したい文字列を、「Ctrl」を押しながら選択します。左の例では「日時」〜「申し込み先」を選択しました。



左図をクリックすると拡大図が見ることが出来ます。
C 選択が完了しましたら、メニューバーから「均等割り付け」をクリックします。


D 文字の均等割り付けのウインドウが開きます。
最大文字列の幅は6文字となっていますので、新しい文字列の幅の記入欄(反転している)に6字と入力します。

5文字や8文字を入れることが出来ますので試してみることもお勧めします。

左図をクリックすると拡大図が見ることが出来ます。
E 6字と入力して「OK」をクリックすると、「日時」〜「お申し込み先」まで同じ幅になりました。

左図をクリックすると拡大図が見ることが出来ます。
F
作業内容
箇条書きを設定します。
まず、均等割り付けを設定したい文字列を、「Ctrl」を押しながら選択します。左の例では「日時」〜「申し込み先」を選択しました。



左図をクリックすると拡大図が見ることが出来ます。
G 「箇条書き」を設定する文字列を選択します。
例題では「日時」〜「お申し込み先」までを選択しました。

メニューバーから「箇条書き」をクリックします。

左図のような「●→」記号が追加されました。


左図をクリックすると拡大図が見ることが出来ます。
H 箇条書きのマークを変更することもできます。

左図をクリックすると拡大図が見ることが出来ます。
I
作業内容
箇条書きの書式を設定します。
@メニューバーから「書式」をクリックするとメニューが出ます。Aの「箇条書きと段落番号」をクリックします。
箇条書き」を設定します。



左図をクリックすると拡大図が見ることが出来ます。
J 記号の一覧が表示されます。一覧から選択することもできますが、オリジナル的な記号を作ることも可能です。


左図をクリックすると拡大図が見ることが出来ます。
次のページへ 次のページへ