1. 筆ぐるめを起動し、「おもて(宛て名)」画面を表示して下さい。

2. 画面上「住所録」をクリックして下さい。画面左保存先の住所録グループ(みんなの住所録、マイ住所録等)を選択してください。

3. 画面上「閉じる」ボタンをクリックして下さい。

※「閉じる」ボタンがグレーになっている場合はクリックする必要はありません。


4. 画面上の「住所録データ取込」をクリックしてください。



5. 「筆ぐるめ−外部データ読み込み」画面が表示されますので、「他ソフトデータ」を選択し、「次へ」をクリックして下さい。

6. 「筆ぐるめ-外部データ読み込み」画面が表示されますので、取り込むファイルの種類にチェックをし、「次へ」をクリックして下さい。
※ここでは、「CSVファイル」を取り込む方法にてご説明させて頂きます。



7. 「ファイルの場所」の「▼」ボタンでファイルが保存されている場所を選択し、目的のファイルを選択して「開く」をクリックして下さい。

※CSV・Excel・Jアドレス、ContactXMLVersion1.1/1.1aは関連付けが自動的に行われますが、関連付けが間違っている場合や、関連付けが完全に行われていない場合、以下の操作を行って下さい。関連付けを変更する必要がなければ「11」に進んでください。


8. データの関連付けを行います。
※データの関連付けとは、画面左側の変換元データ(外部住所録)と画面右側に表示される筆ぐるめの項目を関連付ける操作になります。下記の例をご参照下さい。
※各項目の関連付けをしやすいように、氏名や住所などの項目が、なるべくたくさん入力されているレコード番号を、スクロールボタンで選択して下さい。



9. まず、変換元データの関連付けする項目をクリックして反転させ、次にそのデータに対する筆ぐるめ側の項目をクリックして反転させます。

10. 「関連付け」ボタンをクリックして下さい。
上が「関連付け」ボタン、下が「関連解除」ボタンです。


 ※間違った項目に関連付けされた場合は、関連付けされている項目をそれぞれクリックしてから、「関連解除」ボタンをクリックして下さい。


 関連付けの例 )
外部データNo.002「富士 筆介」を、筆ぐるめ項目「氏名」に関連付ける場合

※外部ファイルの項目を最大5つまで結合して、筆ぐるめ側の1つの項目に設定することが出来ます。住所等が複数(県名・市町村・番地など)に分かれている場合は以下の方法で操作を行って下さい。
  1. 最初に左側外部データの「県名」部分をクリックし、右側の筆ぐるめ項目の「自宅住所」(又は会社住所)をクリックして下さい。
  2. 関連付けボタンをクリックして下さい。
  3. 左側外部データの「市町村」部分をクリックし、同じように右側筆ぐるめ項目の「自宅住所」(又は会社住所)をクリックして下さい。
  4. 関連付けボタンをクリックして下さい。
  5. 左側外部データの「番地」部分をクリックし、同じように右側筆ぐるめ項目の「自宅住所」(又は会社住所)をクリックして下さい。
  6. 関連付けボタンをクリックして下さい。


11. 手順8〜9を繰返し行い、必要な項目を全て関連付けて下さい。

12. 1件目のデータが項目名の場合は、「1レコード目を項目名とする」をチェックします。

13. 画面右上「住所録名」を入力し、「変換実行」ボタンをクリックして下さい。

14. 確認メッセージが表示されますので、「はい」をクリックして下さい。

15. 「新規住所録として登録」または、「既存住所録に追加登録」いずれかを選択し、「次へ」をクリックして下さい。
【新規住所録として登録】を選択された場合
★パスワードの設定画面が表示されます。
 【1】パスワード設定をする場合
  1. 「パスワード」・「パスワード確認用」にパスワードを入力し、「OK」をクリックして下さい。
    ★パスワードは「半角英数字(半角ハイフン)と(半角アンダーバー)」が使用でき、最大16文字まで入力することが出来ます。
  2. メッセージを確認し、「はい」ボタンをクリックして下さい。
    ★【重要】
    パスワードを忘れると二度と住所録を開くことが出来ません。パスワードは安全な場所に記録してください。
 【2】パスワードを設定しない場合
  1. 「パスワードを設定しない」をクリックして下さい。
【既存住所録に追加登録】を選択された場合
  1. 現在の住所録一覧が表示されますので、追加する住所録を選択し、「次へ」をクリックして下さい。
  2. 読み込みが終了すると、「住所録」画面に戻ります。

☆変換元の住所録ファイルが筆ぐるめVer1.0またはVer2.0で作成された住所録の場合は、住所を「自宅宛て」と「会社宛て」のどちらかに割り当てるかを確認するダイアログボックスが表示されます。


16.変換が実行され、変換終了後にメッセージが表示されますので、「OK」をクリックして下さい。