忠臣蔵四十七士の、神崎与五郎が馬子の国蔵にいいがかりをつけられたが、吉良討ち入りの大事な時と、じっと
我慢をして謝り、詫状文を書いた所ともいわれています。実は文武両道にすぐれていた大高源吾が詫状文を書いた
ともいわれています。

展示の詫状文はその写しです。

      忠臣蔵四十七士の、神崎与五郎が馬子の国蔵にいいがかりをつけられたが、吉良討ち入りの大事な時と、じっと
     我慢をして謝り、詫状文を書いた所ともいわれています。実は文武両道にすぐれていた大高源吾が詫状文を書いた
ともいわれています。

展示の詫状文はその写しです。